膀胱結石摘出の手術が無事に終わりました☆|ひだまり動物病院吉祥寺-武蔵野、杉並、練馬

Call:0422-27-6539

ブログ

膀胱結石摘出の手術が無事に終わりました☆

2016年09月17日

先日、膀胱結石の手術が無事に終わりました




尿中の結晶を溶けやすくするような、療法食のおかげで
結石ができないように、コントロールできることが多くなってきましたが、
それでも手術で摘出せざるをえない子もいますね

ワンちゃんの場合は特に、細菌感染によって結石ができてしまうといわれています。
また逆に、膀胱結石があると
膀胱粘膜が傷ついたり、2次的に炎症・感染を起こしたりします
そのほかにも、遺伝や、他の多くの病気との関連があるといわれます。


どんな症状が出るの?
血尿、排尿時の痛み、おしっこポーズしてるのに出ない、頻尿など

どんな検査をするの?
レントゲン、超音波(エコー)、尿検査など


どんな治療をするの?
結石を溶けやすくする療法食、抗生剤などのお薬です。
治療をしても結石が溶けない場合は、手術をするよ

小宮レイ膀胱.jpg

小宮レイ尿道.jpg


このネコちゃんは膀胱の中に結石がたくさんあり、尿道に結石がつまったり、
膀胱炎がひどく、おしっこが自分で出せなくなっていました
食事療法でも溶けきれなかったので、手術で除去することになりました。


無事に手術を終え、結石を検査に出しました
結石の成分は『シュウ酸カルシウム』でした。

ひきつづき、食事療法を頑張ってくれています


みなさんも、おうちのワンちゃん、ネコちゃんのおしっこに
注目してみてくださいね
なんだか出にくそうだったり、血尿かな?と思ったら、
診察を受けてみてください