乳歯の抜歯について☆|ひだまり動物病院吉祥寺-武蔵野、杉並、練馬

Call:0422-27-6539

ブログ

乳歯の抜歯について☆

2017年02月18日

ワンちゃん、ネコちゃんも、人間と同じ
【赤ちゃんの歯(乳歯)】 から 【大人の歯(永久歯)】 に生え変わります

人の方では、『下の歯は屋根の上に、上の歯は縁の下に』なんて言われていて
乳歯を投げた経験のある方もいるのではと思いますが、
今は、へその緒みたいに、とっておくための専用ケースも売られているみたいですね


ワンちゃん、ネコちゃんの乳歯はとっても小さいので、
抜けてすぐ飲み込んでしまっていたり、落ちてるのに気が付かなかったりして、
いつの間にか大人の歯になっていたということも多いです


一般的には、
ワンちゃん:乳歯28本→→→永久歯42本
ネコちゃん:乳歯26本→→→永久歯30本
大人になると、奥歯が増えます


生後1~2か月で乳歯が生え、
一般的には7カ月齢までに、永久歯への生え変わりが完了しますが、
小型犬では、1歳以上になっても乳歯が残っていることが少なくありません


ワンちゃんの乳歯
乳歯編集.jpg

そのままにしておくと、永久歯と乳歯の間に歯垢や歯石がつき、
歯周病になりやすくなるため、乳歯の抜歯をおすすめします


ただし、まれに大人の歯が存在しない場合がありますので、
その場合は乳歯を抜かないで残します


抜歯は全身麻酔下で行いますので、
もし避妊・去勢手術の予定があるならば、その時に一緒に行いましょう


歯磨きを定期的に
そして、おうちのワンちゃん、ネコちゃんの歯が
全部大人の歯になっているか、チェックしてみましょう