麻酔中のモニターについて☆|ひだまり動物病院吉祥寺-武蔵野、杉並、練馬

Call:0422-27-6539

ブログ

麻酔中のモニターについて☆

2017年05月20日

手術中、ワンちゃん、ネコちゃんのバイタルサインは、
顔・体、モニター画面を見ながらモニターしています

飛行機の操縦席で、パイロットが操縦するのをイメージしてみてください
飛行機.png

たとえば・・・
術前検査で問題のない、若い子の手術は、晴れのフライト
高齢、持病(心臓など)があるが状態が安定している子の手術は、
曇りのフライト
病気が進行していて、ぐったりしている子の手術は、嵐の中のフライト

のようなイメージです(※あくまで個人的なイメージです)。


リスクが高い(荒れた天気のフライトになりそうだ)なぁと思っても、
実際に麻酔をかけると、意外とバイタルが安定している子もいます
逆に、予想以上に不安定な時もあります

また、ひとつの手術の中でも 『この場面は血圧が下がるかもしれない』など、
場面によってリスク(お天気)は変わります。
389889.png

快晴のフライトでも、予期せぬ事で操縦不可能になることがあるように、
麻酔も100%安全ということはないので、常に緊張します

手術中に起きるリスク(天候不順)はできる限り前もって予想して、
雲行きが怪しくなったら、なるべく早く対処して、麻酔を安定させます



麻酔担当(パイロット)は、どのようなモニターを見ながら操縦しているのでしょうか?
一部をご紹介します。
201985.png

心電図
P3200472.JPG
心拍は速くないかな?遅くないかな?不整脈はないかな?
麻酔の深さや、お注射、点滴でバランスを保ちます。


酸素飽和度(SpO2)
P3200473.JPG
ちゃんと体に酸素が入っているかを見ます。


CO2濃度
P3200477.JPG
肺できちんとガス交換ができているかを見ます。


体温計
P3200474.JPG
体温が低すぎると、麻酔が安定しにくいです。


血圧計
P3200475.JPG
血液循環が保たれているかを見ています。



今回は、麻酔中のモニターの一部をご紹介しました。
手術室を少しでも身近に感じてもらえたら嬉しいです