ネブライザー療法の活用☆|ひだまり動物病院吉祥寺-武蔵野、杉並、練馬

Call:0422-27-6539

ブログ

ネブライザー療法の活用☆

2018年02月26日

ネブライザー療法は、お薬を細かい粒子(エアロゾル)に変えて空中に浮遊させ、それを吸い込むことで気道や肺にお薬を到達させる、吸入療法です。

ねぶ1.JPG

鼻炎、気管支炎、肺炎などの子で使用されます。
どうしてもお薬が飲めない子、持病があって一部の飲み薬を使えない子、飲み薬の反応があまり良くなかった時は、ネブライザー療法が選択肢の1つとなります


【良い点
● 少しの薬量で、高濃度の薬を気道に届けられるので、副作用がとても少ない。
● 即効性がある。
● 投薬が苦手、持病がある子など、飲み薬が使えない子にも使える。

【問題点
● 呼吸の仕方によって、お薬の届く場所が変わる。
(浅い呼吸だと喉や気管など、深呼吸だと肺全体に届く。)
● 気道内へ届くお薬の量が不規則で、投与量から治療効果を予測しづらい。
(効果に差がある)


使い方の一例

≪ネブライザー準備OK
nebu3.JPG

≪ネブライザー開始!
お部屋の中にエアロゾルが充満し、10~15分吸入します。
蒸気を浴びているような感覚
nebu2.JPG


寒くて乾燥する季節は、呼吸器系の病気が多くなります。
おうちの子がくしゃみ、鼻水、咳をしたら、早めに受診しましょう