犬の視力と視野|ひだまり動物病院吉祥寺-武蔵野、杉並、練馬

Call:0422-27-6539

ブログ

犬の視力と視野

2019年04月09日

目の前にあるご飯を一生懸命に探していたりして
なんで目の前にあるのに見つけられないんだろと思いますよね
その訳を書いていきたいと思います


〈視力〉
犬の視力は大体0.3未満程度です。焦点を合わせる能力が弱いため遠くのものや、近すぎの物もぼやけて見えてしまいます。また人間の目は正面を向いていますが、犬の目は外側40°あたりを向いているため焦点を合わせにくいとも言われています。ただ犬は狩りをする本能があるので動きのある遠くの物を認識する能力を持っています。私達が流れるように見えているテレビも犬にはパラパラ漫画の様に見えているようです。


〈暗闇での視力〉
犬の視力はそんなないのに暗闇でも普通に歩いていますよね。これは網膜の裏にあるタペタム層といわれる反射板があり、わずかな光でも良く見えるようにしてくれているのです。なので暗闇での認識能力は高く人間より遥かに良く見えています。犬の写真を撮った時に目がキランと光って写っている時がよくありますよね。これはタペタム層に光が反射したものなんですよ。試してみようとと思う飼い主さんもいるかと思いますが、犬にとってフラッシュ撮影は目に刺激が強すぎて炎症が起きてしますかもしれないので故意にはしないでください。
夜の散歩.png

〈色を見分ける視力〉
犬が色を識別する能力は弱いです。網膜にある錐状体という部分には色を識別する細胞があるのですが、人間に比べると犬の錐状体は遥かに少ないそうです。また、人間は赤・青・緑の3種類の色が見分けられ、他に様々な色を認識出来るのに対して、犬は青~黄色しか認識が出来ず、赤を見分ける細胞がほとんどありません。犬には赤色のものがグレーに見えているという事です。人間からすると、想像するのはちょっと難しいですよね。犬によっては分かりづらい色があるという事は覚えておいた方が良いかもしれません。

〈犬の視野〉
私達人間が見渡せる視野がおよそ180度なのに対し、犬の視野はおよそ250度と言われています。この広範囲が見渡せる視野のおかげで、狩りの場でも動くものが視界に入るとすぐ気づく事が出来ます。
P4092131.JPG

どうでしたか?犬の視野って意外と広いんですね
おもちゃなど青系の物を買ってあげるといいかもしれませんね