犬の耳の形|ひだまり動物病院吉祥寺-武蔵野、杉並、練馬

Call:0422-27-6539

ブログ

犬の耳の形

2019年06月01日

犬の耳って「立ち耳」「垂れ耳」だけじゃなくもっとたくさん種類があるの知っていましたか?今回は耳の種類について書いていきたいと思います

立ち耳(プリックイヤー)
全体的に立ち上がった耳をプリックイヤーと言い、耳先が丸いものや尖ったもの、大きさなどでさまざまに分類されます。オオカミやキツネ、ジャッカルなど、イヌ科の野性動物はすべてが立ち耳です。
ジャーマンシェパードや柴犬、シベリアンハスキーなどがプリックイヤーです。
立ち耳.jpg

バットイヤー
付け根が広く先端は丸く、耳と耳の間隔が広いのが特徴です。コウモリの羽の形に似ているため、バットイヤーの名がつけられたそうです
ウェルシュコーギーやフレンチブルドックがバットイヤーです。
バットイヤー.jpg

バタフライイヤー
バタフライイヤーは大きな立ち耳に豊富な飾り毛が特徴で、顔全体で蝶が羽を広げたように見える耳の形です。パピヨンやロシアントイテリアがバタフライイヤーです。
ロシアントイテリアにはロングコートとスムースコートがあり、ロングコートのロシアントイがバタフライイヤーです。
バタフライイヤー.jpg

キャンドルフレームイヤー
耳の付け根は細く、先に行くに従って広くなり、先端は尖っている耳の形です。ろうそくの炎のような形からキャンドルフレームイヤーと名づけられたそうです。
ミニチュアピンシャーやイングリッシュトイテリアなどがキャンドルフレームイヤーです。
耳.png

ボタンイヤー
ボタンイヤーは途中で折れている半立ち耳のなかでも、耳の穴を覆うほど耳が垂れているのが特徴です。テリア種に多く、ジャックラッセルテリア、ワイヤーフォックステリア、エアデールテリアなどがボタンイヤーです。
ボタンイヤー.jpg

半立ち耳(コックドイヤー)
立ち耳で耳先が少しだけ折れている耳の形です。プリックイヤーとボタンイヤーの中間くらいなのでセミプリックイヤーとも呼ばれています。
ラフコリーやシェットランドシープドッグ(シェルティ)などがコックドイヤーーです。
半立ち耳.jpg

ローズイヤー
途中から折れた耳が後方にねじれ、耳の中が見える形をローズイヤーと言います。耳たぶの重なった様子がバラの花に似ていることからローズイヤーと名づけられたそうです。
ブルドッグやイタリアングレーハウンド、ウィペットなどがローズイヤーです。
ローズイヤー.jpg

どうでしたか?まだこれで全部じゃないので次回に続きます