猫の血液型|ひだまり動物病院吉祥寺-武蔵野、杉並、練馬

Call:0422-27-6539

ブログ

猫の血液型

2019年06月22日

人と同じように猫にも血液型があるのを知っていますか?
血液型の種類や検査方法などを紹介します。

<血液型の種類
猫はA型、B型、AB型の3種類の血液型があります。
母猫と父猫からそれぞれ1つずつもらった血液型遺伝子の組み合わせで血液型が決まります。人との違いは、AB型遺伝子が独立して存在していること、また、O型は存在しません。
各遺伝子の優性関係はA>AB>Bと想定されていますが、AB型の猫は非常に少ないので、B型より優性ですがほとんど見ることがありません。
【A型になる組み合わせ】
A型遺伝子×A型遺伝子
A型遺伝子×B型遺伝子
A型遺伝子×AB型遺伝子
【AB型になる組み合わせ】
B型遺伝子×AB型遺伝子
AB型遺伝子×AB型遺伝子
【B型になる組み合わせ】
B型遺伝子×B型遺伝子
血液型1.png

<血液型の割合
地域や猫種によって異なりますが、平均するとA型が80%、B型が20%、AB型が1%以下の割合となっています。
日本の在来種(雑種)では90%がA型と言われています。
アメリカンショートヘア―やロシアンブルーはほぼ100%がA型、
ブリティッシュショートヘア―やデボンレックスでは約30%以上がB型という報告もあり、平均よりも発現が増加する純血種もいます。
血液型2.png

<調べる方法
採血をして、検査機関に送って調べると数日で結果が出ます。
血液型判定キットを常備している動物病院では、その場で調べることができます。
血液型3.png

<知っておくメリット
病気や怪我で輸血が必要になった緊急時、事前に血液型を知っていればスムーズに輸血を行うことができます。
また、出産を考えている場合も血液型を調べておきましょう。
B型の母猫からA型の子猫が産まれ、初乳を飲んでしまうと新生子溶血が起きます。
これは、母子間の血液不適合によって起こり、子猫は命を落としてしまいます。
交配前に親猫の血液型検査をして、血液不適合を起こさないかを確認しておくことが重要です。

日本には動物用の血液バンクがないため、ドナーを探すのが大変なこともあります。
前もって血液型を知っておくことで、早急かつ安全な処置を受けるのに役立ちます。
また、輸血を必要としている子の手助けにもつながります。