猫がクーラーを嫌う理由|ひだまり動物病院吉祥寺-武蔵野、杉並、練馬

Call:0422-27-6539

ブログ

猫がクーラーを嫌う理由

2019年07月27日

夏が始まり、これから猛暑日が続く日が増えてきます。
家の中でも、熱中症になる危険があるので室温管理は十分気をつけなければなりません。
しかし、クーラーをつけても別の部屋へ逃げて行ってしまうという話を聞きます。
猫がクーラーを嫌がる原因と対処法を紹介します。

●室温が低すぎる
クーラーの設定温度より、室温を気にかけてみて下さい。
人にとっては快適な室温でも、猫にとって冷えすぎていると感じる場合があります。
猫が快適な室温は個体差がありますが、25℃~28℃が目安です。
その子が過ごしやすい室温を見つけてあげましょう。
クーラー2.png

●機械音が不快
猫はとても聴力が良いため、人に聞こえない音も聞きとっています。
そのため、敏感な子ではクーラーの機械音が不快で別の部屋に避難しているのかもしれません。
クーラー1.png

●風が直接当たるのが嫌い
人の場合、汗腺が体中にあるので風が当たると涼しいと感じます。
しかし猫の場合、汗腺は少ないため風が当たっても涼しさはほとんど感じられません。
キャットタワーやベッド、ゲージなど、普段過ごしている場所に直接風が当たらないよう、風向きに注意してみましょう。

●対処法
<部屋を解放しておく>
クーラーをつけた部屋とついてない部屋を自由に行き来できるようにしておくと、猫自身で快適な場所を見つけられます。
扇風機も使って、空気を循環させると冷気が一か所に留まるのを防げます。
クーラー3.png
<日陰を作る>
遮光カーテンやすだれを使って、日陰を作るだけでも室温の上昇を抑えられます。
直射日光が当たる場所にベッドやゲージを置かないように気をつけましょう。
<飲み水場を増やす>
元々、水をあまり飲まない動物ですが、こまめに給水ができるよう数か所に水飲み場を用意しましょう。
特に夏場は、こまめに取り換えてキレイなお水がいつでも飲めるようにしてあげて下さい。
<冷却グッズを使う>
市販されている冷却グッズで暑さ対策をしてあげましょう。
布やアルミ、ジェルなど様々な種類のひんやりマットがあります。
機能性だけでなく、安全面にも考慮して用意してあげましょう。

クーラー嫌いな子の場合、工夫をして暑さ対策をしなければなりません。
夏バテや熱中症にならないようその子に合った快適な空間を作ってあげて下さい。