予防について|ひだまり動物病院吉祥寺-武蔵野、杉並、練馬|page3

Call:0422-27-6539

予防について

初めて犬を飼う人に知ってほしい発情期とマナーについて

2017年12月09日

動物も人も体が成熟すると陰部から出血をします。犬も同じで、発情期を迎えると発情出血(もしくはヒートと呼ばれる)が始まります しかし、いざ出血が確認された時に、どうすればいいの?どのくらい出血が続くの?こんな行動が増えた!など、疑問や戸惑いを感じる飼い主さんは少なくないでしょう。 そこで、発情の周期や...

詳細はこちら

肛門嚢破裂、縫合しました。

2017年09月16日

【肛門腺とは】 肛門の4時と8時の場所に肛門嚢(こうもんのう)という袋があり、中にはとても臭い分泌物が溜まっています。この分泌物を作っているのが肛門腺です。 肛門の筋肉に力が入ったり、ウンチが通り圧迫されることで、日常的に分泌されます。 ここにバイ菌が入ったり、分泌物が溜まり過ぎたり、出口が詰まっ...

詳細はこちら

わんタッチとは

2017年09月09日

残暑が厳しいこの頃 人もペットも熱中症には気を付けたいですね 熱中症とともに気を付けて頂きたいのが、夏のお散歩での肉球火傷です そこで、今回はわんタッチという活動をご紹介します わんタッチって何? 獣医学研究者と共に犬との暮らしを考えるブランド「docdog(ドックドッグ)」が推奨している活動のこと...

詳細はこちら

ネコに咬まれて感染?!ニュースで話題の『重症熱性血小板...

2017年08月19日

ノラ猫にかまれた50代女性が、重症熱性血小板減少症候群(以下SFTS)に感染し、亡くなっていたことがわかったそうです。 【重症熱性血小板減少症(SFTS)とは】 マダニから人間にうつるウイルス病で、2013年から西日本を中心に発症が認められています。 日本でこれまでに確認されたSFTS患者の年齢層は...

詳細はこちら

ペットにも花粉症はあるのか?

2017年03月11日

花粉症という表現は一般的ではありませんが、一言で「ない」ということではありません アレルギー反応を起こす原因となる物質(抗原)を「アレルゲン」といいますが、ペットでも花粉はアレルギーの原因の一つです。 花粉に対するアレルギー反応と捉えれば、いわゆる「ペットの花粉症」と呼べるかもしれません そして、こ...

詳細はこちら