犬・猫の感染症について ⑦アデノウイルス感染症|ひだまり動物病院吉祥寺-武蔵野、杉並、練馬

Call:0422-27-6539

ペットの気になる症状

犬・猫の感染症について ⑦アデノウイルス感染症

2014年09月28日

アデノウイルス感染症とは
アデノウイルスには2つのタイプがあり、それぞれ症状が異なります。アデノウイルスⅠ型に感染すると肝炎(犬伝染性肝炎)を起こします。離乳直後から1歳未満の幼若犬で高い発病率と死亡率が認められます。アデノウイルスⅡ型に感染すると風邪の症状が見られます。

感染経路
アデノウイルスⅠ型・Ⅱ型どちらも感染している犬の分泌物・排泄物との接触や感染した犬の咳やくしゃみ、鼻水などの飛沫物によって感染します。

症状
アデノウイルスⅠ型は1歳以下の幼若な犬に比較的重篤な症状を示すことが多く、発熱、下痢、嘔吐、腹痛などの症状が見られます。急性の肝炎を起こすと、イヌの肝臓の位置を手で押さえると痛がり、触られるのを嫌がりようになります。重症になると、虚脱状態になり12~24時間で死に至ることがあります。しかし、症状をあまり示さない物や軽い発熱・鼻水程度のものなど症状に幅があります。また、他の病原菌との混合感染があると、死亡率が高くなります。なお、重篤な症状を示した犬では、回復期に「ブルーアイ」と呼ばれる角膜の混濁が見られることもあります。
アデノウイルスⅡ型は発咳を特徴とした気道炎を示し、「ケンネルコフ」と呼ばれる「犬の風邪」の病原体の1つと考えられています。

ブルーアイ↓

p-23de7

治療
アデノウイルスⅠ型・Ⅱ型には直接効果を示す有効な治療薬は今のところありません。このウイルスは通常の環境中で数日から数か月生存し、感染した犬と直接接触していなくても感染してしまう危険があります。そのため感染した犬は隔離し、分泌物・排泄物を消毒することが重要です。治療方法として、細菌などの二次感染を抑えるための抗生剤や点滴などの対象療法が中心になります。

予防
どちらもワクチン接種で予防することができます。
ワクチン接種については、以前の記事でもご紹介しました

ワクチンの接種により防げる病気なので、ワクチン接種は定期的にしっかりと行いましょう。

 
MENU